トップページよくあるご質問>水位計用ガラス管の交換方法

水位計用ガラス管の交換方法

交換作業時に便利 印刷して使えるPDF版もございます
(ダウンロードはこちらから)
PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader」が必要です。


水位計付近の拡大写真

@ スチーマーの電源切り、カラン部分から水を抜きます。(やけど注意)
A ガラス管・ゲージ金具周囲の汚れや、水あかをよく落として下さい。
B 右の写真のような工具を使って、プラグ小・大を外します。

交換に必要な工具は・・・
スパナ14mm×1本 19mm×1本 21mm×2本 の計4本
または、モンキーレンチ×2本のいづれかです。

※ 工具をお使いの際は、プラグやゲージ金具を痛めないよう、慎重にお願いします。

上:モンキーレンチ 下:スパナ
C プラグ小をスパナ14mm(またはモンキー)を使って外します。

反時計回りに回すと外れますが、ゲージ金具の連れ回りを防ぐために、ゲージ金具本体をスパナ21mm(またはモンキー)で固定して回してください。
D 次に、プラグ大をスパナ19mmを使って、上記と同様に外します。

回す方向に注意してください。
下から見上げて、反時計回りの方向です。
外したプラグは、きれい洗ってください。
E ガラス管を止めているナット2カ所を、スパナ21mmを使って外します。

上記と同様に、ゲージ金具を工具で固定しながら外してください。

回す方向は・・・
ナット上工具を右から左側に回す
ナット下工具を左から右側に回す です。
外す際は反時計回り 取付の際は時計回り に回すのが基本です。
F ガラス管を下に抜きます。

白いパッキンが残っている場合は、ニッパーなどで切り取ってください。
水あかが詰まって抜きにくい事がありますので、割り箸などを使って、水あかを剥がしながら抜きます。
割れたガラス管が、ゲージ金具内に残っていることがありますのでご注意下さい。

ガラス管が抜けたら、ゲージ金具上下、ネジ部分やプラグの当たる部分などの水あかなどを、きれいに拭き取ってください。(写真参照)
G 外したナットをきれいに洗って、新しい白パッキンを中に差し込みます。

古いパッキンが中に残っている場合は、写真のように細いドライバーなどで取り出してください。
その際、ナットの奥や、ネジ部分を傷つけないようにご注意下さい。
H ナットをゲージ金具の上・下に、軽くねじ込みます。

下から、新しいガラス管を傷つけないように差し込み、赤青ラインの境目を真ん中にして手で押さえます。
またガラス管の向きは、上が青下が赤で、ラインが入っている方が奥になります。
I ガラス管を手で押さえながら、上下のナットを工具でゆっくり締め付けていきます。

※ 締め付け過ぎにご注意下さい! 締めすぎるとガラス管が割れます。
  白いパッキンが密着して、少しつぶれるぐらいで充分です。
J 最後に、プラグ大・小を取り付けます。

外した時と逆の手順で取り付けますが、ネジ部分や当たり部分に水あかなどが無いように、きれいにしておいてください。

※ プラグを取り付ける際に、曲がってねじ込まないようご注意下さい!
  曲がったままねじ込むと、ゲージ金具・プラグが破損し、修理不能になる場合があります!
※ プラグの締めすぎにご注意下さい!
  軽く手応えのある程度で充分です。
  締めすぎると、ゲージ金具・プラグが破損し、修理不能になる場合があります!
K
取り付け状態を確認したら、スチーマーに水を入れ、漏水がないか確認して完了です。

プラグやナットから水がもれる場合は、締め付け部分に水あかなどが噛みこんでいる場合があります。
また、締め付けが弱い場合がありますので、締め具合を確認してください。



 TOPページに戻ります。 Q and A ページに戻ります。